読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママ手探りライフ

育児休業を取得し、2017年度に職場復帰しました。生活が苦しいです。2016年に第1子を授かることができました。低価格ミニマリストを目指しています。

父親の育児参加のためのお膳立て

育児に限らず、普通の仕事もそうだけど、

 

不慣れな人、新人にそのタスクを任せるために

 

四方八方の準備や根回しや先回りが必要となる。

 

 

自分が外に遊びに行くためには、3回分以上の食事を用意したり、

 

あらかじめ準備するもの、レクチャーするものが多くて

 

そっちの方が尚更負担が大きくて、

 

結局、じゃあ遊びに行かなくていいやって気分になってしまう。

 

そうして、子供はどんどんママ仕様の育児に慣れていって

 

パパだと泣いてしまう。

 

喋り出すようになったら、ママがいいーとか言ったり。

 

するとパパも自信を無くして・・・と悪循環。

 

学生さんのインターンシップじゃないんだから、ちょっと泣かれたぐらいで諦めないで欲しいんだけどね。

 

総泣かれ時間は、こちらの方が何倍も長いわ。