読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママ手探りライフ

育児休業を取得し、2017年度に職場復帰しました。生活が苦しいです。2016年に第1子を授かることができました。低価格ミニマリストを目指しています。

貴族の悩み

マミートラックは貴族の悩みです。

 

会社に籍を置いてもらうだけで、ありがたいのです。

 

日本人の日本人(あと現地法人)による(一応)グローバルな会社なので、

 

あまり権利だ権利だ言うと、村八分喰らいます。少なくとも私が定年するまでは、そこまで風が変わらなさそうです。

 

もっと遣り甲斐のある業務をしたいとか言って出張入って

 

My angle の運動会とか見逃したら嫌だし。

 

充分コスパは良いのです。パート主婦の何倍もの手取りになります。

 

しかも、あまりアテには出来ないといっても厚生年金が、

 

ある!!

 

私生活で充分、人生を充実させられるのではないかなと思います。

 

 

けど、このようなママ社員が増えると、パパ社員は子供との時間が取れなくなりますね。

 

独身者だって、仕事のカバーしなくちゃならないし、友達や恋人との時間を奪っているのです。

 

それだから、ママ社員はズルいと思われがちですが、時短勤務で給料も評価も下がっているので、

 

相対的には、足枷なく働ける社員の評価を上げているのです。

 

偏差値と同じです。

 

バカがいるから、偏差値72とか出るのです。みんな同じ点数だったら全員50です。

 

だから、我々の存在も許して(^o^)/~~