読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休のんびり暮らし

主に育児日記です。2016年に第1子を授かることができました。ミニマリストを目指しています。

慣らし保育3日目

遂に、息子が保育園で預かり時に泣きました。産声をあげたようです。

 

ワンワン泣く子の方がすぐに慣れるとか、泣かない子は障害がある可能性もあるとか、いろいろな俗説があるので多少泣いてくれて安心。

 

保育園に預けるのが当たり前の世の中になっていますが、やはり寂しいものです。保育園=かわいそうという考えも未だあるし。

 

「1歳で母親と離れて保育園に通うなんて可愛そう」

 

これは、私が幼児の時には当たり前だった意見です。

 

今でもそうなのかもしれないけど、保育園に入るのが普通になって、入るか入らないかではなく、どこに入るのかが議論の焦点で、そのために保活頑張って、やっと入れて、受験競争さながらです。

 

そのため、前途の言葉には

 

「6歳で母親と離れて小学校に通うなんて可愛そう。」

 

はたまた

 

「18歳で母親と離れて東大通うなんて可愛そう」

 

という言葉に対する違和感くらい、

しょうがないじゃんというか、

そういう年齢じゃんというか、

子離れしなよというか、

今さらなんなのというか、

この保育園みんな入りたくて羨ましがられるとこよ?とか、

じゃあ私の残りの生涯賃金寄越せというか、

児童手当毎月50万円くらい振り込んでくれというか、

 

そのくらいモヤモヤします。

 

つまり私は葛藤している訳です。慣らし保育に。

 

親が職場復帰していないので、息子にばかり頑張らせていて申し訳ない気持ちも少々。。。

 

早くするしかないなぁ・・・

 

 

 

 

次の妊娠👼💕