読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休のんびり暮らし

主に育児日記です。2016年に第1子を授かることができました。ミニマリストを目指しています。

ただ生きて死ぬだけ

ママ友の一人Sさんが、悩んでいました。

なんでも旦那様が会社を辞めて稼業を継ぐために、地方のご実家(飛行機の距離)に着いて行くことになりそうだ、とのこと。

 

そのSさんも育休中で、やっとのこと保育園も決まったところなのです。

ちなみに旦那様は次男坊。長男は未婚で、いわゆる次男はっちゃけのようです。

Sさん、口には出していませんが、あー貧乏クジ引いたという感じでした。

 

おそらくは、何か夢があって大学受験や就職活動をして、自分の力で出来るところまでやってみようとか、考えていたはず。

 

この状況にもしなったら、私も人生を棒にふった、事故に巻き込まれたような気がしてしまうと思います。。。

 

けど結婚したのだし、これで帯同は嫌だと口に出そうものなら、結婚の覚悟が足らなかったのではないかとか、だけど私だって仕事があるのだし、この仕事を得るために受験や学生時代だって頑張ったのだし!とかいろいろ考えが巡ってしまいそうです。

 

 

ただの地方転勤への帯同ならまだ良いのです。相手のご両親と同居し、親戚も近くに住み、がんじがらめの監視生活の中で、若いときは子供のケアをして、中年になれば義両親のケアをして、高齢になればおそらく夫のケアをして、一生を終える。

 

専業主婦ならまだしも、自営業の妻となると、当たり前ですが仕事もあります。自由もお金もなく、なかなかのハードコースです。

 

ガンバってほしいなと思います。

 

こういうときに、国家資格でもあれば職業選択の自由は守られるのかなぁ~😢