ワーママ手探りライフ

育児休業を取得し、2017年度に職場復帰しました。生活が苦しいです。2016年に第1子を授かることができました。低価格ミニマリストを目指しています。

子供を産む機械になりたい

ゴールデンウィークの予定は残念ながら療養です。

 

月曜日行っただけなのに、なんというバイオテロなんだ、保育園!

 

息子はおろか、両親も苦しんでいます。

 

子供を産む機械になりたい。当事官僚の柳澤伯夫氏が違う意味で言っていましたね!

 

機械になれるものならなりたい。

 

機械は風邪引かない。疲れない。

 

出産も痛くないし、妊娠中だって、出力の大きいモーターやエンジン、ポンプを着ければよい。

 

3時間おきの授乳だって楽勝だ。

 

育児よりも妊娠が辛かったなあ。仕事やめるのもわかる。

 

 その分、感動はなくなってしまうのかな??

 

 

土曜日のニッポンのジレンマ面白かったな🎵

 

これからの「エリート」とは。という題目でした。

 

AI革命が起こりつつある現在、20年後に自分は働けているのか?

 

人間の職を守るのは難しい。

 

学歴や資格だって、あるに越したことはないが、それだけでは心許ない。

 

親世代は額に汗して働けば良かったから、ある意味羨ましいなあ。

 

私達にできることの1つは政治に関心を持つことかな。

 

投票率をあげよう⤴子育て支援政策をしてほしいなら、まずそこからだね。