読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママ手探りライフ

育児休業を取得し、2017年度に職場復帰しました。生活が苦しいです。2016年に第1子を授かることができました。低価格ミニマリストを目指しています。

家事を初めて教えてくれるひと🔰

結婚してみて、自分の夫がこんなに家事どころか自分のことすら出来ないことに驚いた👀‼という女性の方々は多いと思います。

 

なんでこんなことを1から言わねばならないのだ、いらいら。と。

 

だけど、子供をを産んでみて、ハッと気づきました。毎日少しでも何かが出来たら褒めている。ほんの少しでも、むしろ仕事を増やしてくれたとしても、やったら褒めないといけないんだー。あたしあなたのお母さんじゃないけど。

 

そして、男の子であれば特に、君をこの世に産み落としてしまった以上は社会的にレールに乗れる程度にはしないとなと考えてしまいます。

 

つまり結婚したらどうせ奥さんが家事してくれるんだから、家事なんてそこそこに、それより勉強して良い学校に入って、きちんと就職して孫の顔見せてちょうだい、私の見栄と承認欲求を満たすためにも!!と。

 

男性の家事に利害関係が生じるのって、結婚してからなんですね。人生で最初に、しなければならないこととして家事を教えてくれるのは、結婚相手の女性である訳です。

 

 

だから、ビシバシだめ出しするとともに、出来たら出来ている部分に対して褒める、これで良いんだなと思いました。

 

女性は教えなくても家事が出来る人が多いのは不思議です。これも、自分がやるべきことだと思ってお母さんの働きぶりを見ているからかな?当事者意識は大事だけど、考えもの。授乳以外の家事・育児は全部男性でも出来るはずだもの。

 

自分の息子には家事を教えたいなあと思っています。きっと共働きの夫婦となるだろうし、特典いっぱいの男(家事が出来るとか、住宅購入費用を負担してくれるとか)じゃないと、女性からのニーズがないと思うので。

 

あるいは、むっちゃイケメンにするか。