ワーママ手探りライフ

育児休業を取得し、2017年度に職場復帰しました。生活が苦しいです。2016年に第1子を授かることができました。低価格ミニマリストを目指しています。

現場で何とかしろ

親会社の人は、下請けのまた下請けの下請けの・・・現場のことなんて見えないから、けっこう無理してどうにか納期に間に合わせている。

 

暗に、現場で何とかしろ、ってことが多い。

 

子育ても似てるところがあって、直面して初めて、おわー!困った!ってことがよくある。

 

というか、育児に限らずなんでもそうか。

 

辛いところは人によるけど、

 

育児には同僚がいないということが私には辛いなと思った。

 

当事者として向き合ってくれる人は本当は夫なら良いのだけれど、物理的に難しい。だって全ての家事・育児が終わってから帰ってくるのだから。

 

恐らく、家という閉鎖空間ではなくて、10組くらいの母子が共同生活してお互い順番に休めたりしたら、悩みも少ないんじゃないかなって思う。

 

ダメ出しでも何でも良いから、フィードバックが欲しい。手応えや達成感が欲しい。

 

分からないことは少し先輩に聞き相談しながら、その場で解決して行きたいし、評価もしてほしい。

 

ここのところが許容できないと、専業主婦ママは精神的に難しいのではないかなと、思います(ゝω・´★)

 

あ、ダメ出しでも良いって言ったけど、出来たら褒められたい(笑)

 

山本五十六の「なんとかかんとか人は動かじ」にもあるよに、褒めるのは重要。

 

ただ、褒めりゃあいいじゃん的な態度やトンチンカンなのは駄目で、ちゃんと見て褒めるべきところを褒めて欲しいわけ。

 

 

(一方的に母親側の要望を並べただけなので、悪しからず。)